お金借りる急ぎ

急ぎでお金を借りる・借りたい方におすすめの低金利キャッシング業者ランキング

お金を急ぎで借りる・借りたい!でも条件には妥協したくないという方必見です。

 

即日お金を借りられて、低金利、そして安心してキャッシングができるというを大前提に、さらにイチオシのポイントやおトクなサービスなど、おすすめの業者ランキングをご紹介します!

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

 

<ココがポイント>

 

銀行だからこその低金利、金利、年4.6%〜14.6%
即日審査・即日借入可能
総量規制の対象外のカードローン

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの特筆すべきところは何と言っても低金利であること(年4.6%〜14.6%)。上限金利が14.6%なので少額融資の場合でも低金利でのキャッシングが可能です。この低金利は銀行のカードローンだからこそ実現されているものと言えます。また三菱東京UFJ銀行カードローンの優れている点は金利が安いだけでなく審査もスピーディーだという事です。通常銀行のカードローンは即日融資が難しい商品が多いのですが三菱東京UFJ銀行カードローンであれば即日審査・即日借入が可能なので急ぎの方にピッタリの優れたカードローンと言えます。

 

 

詳細はコチラ

 

プロミス

 

<ココがポイント>

 

平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能。
14時を過ぎてもWEB申込み後、審査通過で自動契約機で借入可能。
土日祝日でもWEB申込み後、審査に通過で自動契約機で借入可能。

 

金利は、4.5%〜17.8%と消費者金融キャッシングの中でも超低金利を実現しています。パソコン・携帯・スマホから申し込みができるウェブ契約であれば、即日融資が可能です。借りる時も返済する時も来店する必要がないので、利用しやすいところも人気の秘密です。大手のSMFGグループなので、安心感もあって女性からも注目されています。学生やパート・アルバイトの人でもキャッシングを利用することができます。無料のポイントサービスに加入すると、30日間無利息になるサービスが付いてくるのでおトクです。

 

詳細はコチラ

 

モビット

 

金利は、4.8%〜18.0%と低金利のモビット。三井住友銀行グループのモビットは最速で審査結果がわかるなどのユーザー目線のサービスも優れています。三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人でれば、ウェブ完結申込を利用することができ、電話連絡や郵送物が一切ないので、サラリーマンを中心に大人気です。提携のATM も多いので、利用しやすく利便性が高くて使いやすいのが特徴です。※当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

詳細はコチラ

 

アコム

 

金利は4.7%〜18.0%と低金利。審査の回答もとても短時間で、即日の急ぎの融資にも対応してくれます。メールで事前に返済期日をお知らせしてくれるサービスがあるので、返済し忘れを防げるのでうっかりさんにはおすすめです。何かとキャッシング初心者に優しいのがアコムの特徴です。大手の三菱UFJフィナンシャル・グループなので、安心してキャッシングできるのと、対応の良さが評判です。

 

詳細はコチラ

 

 

 

 

急ぎでお金を借りるための条件

急ぎでお金を借りるための条件

急ぎでお金を借りるためには、条件を満たしている場合に限ります。その条件というのは、キャッシング会社によって多少異なります。一般的には、平日14時ごろまでに手続きが全て完了しているケースに限り、即日お金を借りることができるようになっています。手続きが完了しているケースというのは、審査結果が出て本人確認書類を提出し、さらに契約を交わしている場合のことです。

 

即日融資を受けるためには、

 

・自分の口座にお金を振り込んでもらう方法
・自動契約機でカードを発行してもらって、ATMからお金を引き出すという方法
・店舗に行ってその場で現金を借り入れる方法

 

などがあります。最近多いインターネットからの申し込み方法の場合は、自分の口座にお金を振り込んでもらうことができるために、来店したりする手間もかからずお金を借り入れることができます。

 

口座に振り込みをしてもらうという融資の方法は、消費者金融キャッシングで実現しているものです。銀行キャッシングの場合では、即日融資が可能だとしても、どこかに出向いてカード受け取ってから、キャッシングが利用できるようになるというシステムになっています。

 

銀行キャッシングの方が少し金利が低く設定されているので、カードを受け取りに行くという手間を取ってでも金利を重視するのか、ごくわずかな金利の差なので振込にして手間を省くのかは、その人の価値観によって分かれるところでしょう。

 

即日融資では、申し込みをする時間には充分気をつけましょう。申込書を提出してから手続きが完了するまでには、時間がかかります。申込書を提出するのに、記入した後のミスがないかの確認も含めると20分くらいかかります。審査は最短30分とされていても、込み具合によって時間が前後します。

 

混んでいる時には1時間近くかかることもあります。審査が出た後には、本人確認書類を提出し、さらに契約書類に目を通して契約をする必要があります。トータルで考えていくと、余裕をもって午前中には申し込みをしておく必要があります。リミットの時間ぎりぎりに手続きを行うと、記入もれなどのトラブルの原因になりかねないので、気をつけましょう。

 

上のランキングであげたおすすめキャッシング会社の即日融資の条件を見ていきましょう。

 

 

プロミス・・・平日14時までにウェブ契約による手続きを完了させていれば、当日の融資が可能です。後日、郵送にてカードが送られてきます。

 

アコム・・・審査結果が出たのち、本人確認書類を提出し、アコム側で14時までに確認した場合に限り当日融資をしてくれます。その日のうちに振り込みをしてくれます。後日、郵送にてカードが送られてきます。

 

モビット・・・当日振り込みのためには、14:50までの振込手続き完了が必要になります。審査によっては不可となる場合もあります。後日、郵送にてカードが送られてきますが、ウェブ完結であれば郵送物がありません。

 

 

手続きをスムーズに進められるようにすることが、即日融資のカギを握ります。申込書に空欄があったりすると、その部分を確認するのにやり取りが発生して時間がかかってしまうこともあります。申込書を提出する前に、記入もれや記入ミスがないかを確認しておきましょう。

 

時間内に、全ての手続きが完了できるように、必要な書類は手元に用意しておくと慌てることなく進みます。また、万が一の時のために、電話連絡があったらすぐに電話に出られる状態にしておくとよいでしょう。

 

当サイト一押し三菱東京UFJ銀行カードローンの公式サイトにリンクしています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

お金借りる急ぎ※低金利キャッシング出来る業者はココ!トップに戻る


急ぎでお金を借りるためには

キャッシングで必要な身分証明書

突然のアクシデントなどで急にお金が必要になってしまうこともあります。そんな時に、急ぎでお金を借りられるキャッシングがとても便利です。

 

主に消費者金融のキャッシングで即日融資に対応をしています。一部の銀行キャッシングでも即日融資が可能になることもあります。急ぎのキャッシングを利用する際に、事前に準備しておく必要があるものもあります。キャッシングの申し込みの時に必要になる書類などです。

 

一般的なキャッシングの申し込み時に必要になるものは、本人確認書類のみです。捺印の必要もないので、印鑑を用意する必要ありません。本人確認書類に該当するものは、運転免許証です。持っていない場合は、健康保険証やパスポートでも可能です。もし身分証明書に記載されている住所と現住所が異なる場合には、住民票などの別の書類の提出が必要になってしまいます。それも準備しておく必要があります。

 

また、希望する借り入れ額によっては収入証明書類も提出しなければいけないことがあります。設定金額はキャッシング会社によって異なります。50万円以上の借り入れから必要になるところもあれば、300万円以上からしか必要ないというところもあります。

 

最新の源泉徴収票、直近の給与明細書などの提出が求められるため、運転免許証などのようにささっと準備できないこともあります。事前に収入証明書の提出が必要なのかどうかを確認しておくことをおすすめします。

 

ちなみに、ランキングでご紹介した消費者金融3社で収入証明書が必要になるケースは、

 

 

プロミス・・・50万円を超える申し込みや他社との合計が100万円を超える場合。
アコム・・・利用限度額が50万円を超える場合と、他社との借り入れ総額が100万円を超える場合。また、以前に提出してから3年が経過している場合。
モビット・・・ホームページには条件が記載されていないのですが、WEB完結で申し込みをする場合には必要になる可能性が高いので準備をしておくとよいでしょう。また希望借入額が高額になる場合にも求められるようです。

 

※三菱東京UFJ銀行カードローンは100万まで所得証明は不要です。

 

 

モビットの場合には、提出が任意にもなるようなので、事前に確認しておくと安心ですよ。申し込み手続きに印鑑は必要ないのですが、返済方法を口座振替と選択した場合には、口座振替手続きで印鑑が必要になることがあります。

 

ほとんどのキャッシングでは、保証人や担保なしで利用することができます。上にあげた必要書類さえあれば、手続きを進めることができます。当日お金を借りたいならば、手続きでムダな時間が生じないように事前準備は大切なことです。申し込み方法によりますが、自動契約機や来店して契約をするのであれば、本人確認書類を携帯していくのを忘れないように気をつけましょう。

 

ウェブでの手続きでは、運転免許証を写メで撮影して提出することができます。専用のURLにアップするだけであったり、専用のアドレスに送信して提出するなど郵送する必要がありません。

 

すぐにお金を借りられる方法は、電話による申し込みかインターネットからの申し込みです。電話が苦手という人や、会話が聞こえてしまったら困る・・・通話料が気になるという人も多く嫌厭されがちです。インターネットからの申し込みであれば、人の目を気にする必要もなく、こっそりお金を借りることができて便利です。

 

当サイト一押し三菱東京UFJ銀行カードローンの公式サイトにリンクしています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

お金借りる急ぎ※低金利キャッシング出来る業者はココ!トップに戻る


アルバイトやパートでも低金利キャッシングできる?

パートやアルバイトでもキャッシングは可能?

アルバイトやパートなど、正社員ではない人でもキャッシングを利用することができます。ランキングにあげたような、大手の低金利キャッシングも利用が可能です。もちろん、派遣社員でも低金利キャッシングを利用することができます。要は、毎月確実に収入が得られていれば大丈夫ということです。

 

パートやアルバイトの人は、正社員の人に比べるとボーナスがなかったりするので年収が低くなりがちです。そのため、借り入れできる金額が少ないこともありますが、借り入れできないことはありません。

 

審査も不利になるのでは・・・と心配になるかもしれませんが、審査では正社員かどうかが問われるのではなく、きちんと返済能力があるかどうかによって判断されます。返済能力の有無を判断する基準とされるものは、キャッシング会社によって定められている基準が異なります。公表もされていないのですが、一般的に言われている審査基準は、

 

・月収
・勤務先
・勤務先で在籍確認ができるかどうか
・勤続年数
・本人確認書類で本人確認ができるかどうか
・固定電話が有るかどうか
・住まいの形態
・信用情報機関へ過去の取引状況の確認

 

などです。

 

キャッシング会社からアルバイト先に連絡がくると心配になりますよね。キャッシング会社が行う在籍確認では、個人名で申込者を呼び出すという電話をかけます。個人名ということで、職場に怪しまれるようなことはありません。

 

また、どんな申込者であっても必ず信用情報機関への問い合わせが行われます。過去のお金の貸し借りがあったかどうか、貸し借りで滞納はしていないかなどのお金にまつわるトラブルの有無を確認するためです。他社からの借り入れをしているかどうかもわかってしまうので、必ず正直に申告をしておきましょう。

 

パートやアルバイトであれば、消費者金融キャッシングでも銀行キャッシングでも利用することができます。多くのキャッシング会社の中から、自分にとって最も好条件のところ選択することができます。

 

でも、収入のない専業主婦の場合には、総量規制という法律が関わってきてしまうためにそうはいきません。収入のない人がキャッシングを利用するには、消費者金融キャッシングを利用するのは厳しいでしょう。総量規制によって、収入のない人が消費者金融でお金を借り入れる際には、色々な条件をクリアした場合になってきます。

 

例えば、専業主婦の場合には配偶者の同意書や配偶者であることを証明する書類が必要になります。配偶者には内緒で借り入れしたい主婦にとっては致命傷です。手続きの複雑さから、専業主婦などに貸し出しをしないキャッシング会社がほとんどです。

 

ただし、総量規制が対象外になっている銀行キャッシングであれば、専業主婦の人でもお金を借りることができます。パートやアルバイトの人と同じような手続きで利用することができるので、配偶者に内緒でキャッシングすることができます。パートやアルバイト収入のない人は、銀行キャッシングを利用すると便利です。なお消費者金融や銀行カードローンについて詳しく調べたいという方は借入審査※銀行と消費者金融一覧というサイトを当サイトと合わせてご覧になると良いでしょう。

 

当サイト一押し三菱東京UFJ銀行カードローンの公式サイトにリンクしています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

お金借りる急ぎ※低金利キャッシング出来る業者はココ!トップに戻る